過払い金請求でおすすめの弁護士や司法書士ランキング

貸金業者からお金を借りていた人は「過払い金請求」の手続きで、払い過ぎたお金を取り戻す事ができるんです。

その際に数ある法律事務所の中から安心して過払い金請求の手続きを依頼できる事務所を探すのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は貸金業者の過払い金請求を依頼する法律事務所の選び方とおすすめの法律事務所をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください!

貸金業者から過払い金請求する際のポイント

貸金業者は大手消費者金融の中でも銀行系資本ではないため、過払い金を満額回収したい場合は訴訟が必要になるケースが多くなっています。ここでは貸金業者に過払い金請求する時のポイントをまとめましたので、参考にしてください。

貸金業者の過払い金請求対象者は2007年8月以前に借り入れした方

一般的に過払い金請求は、出資法の改定により消費者金融の金利が20%以内に収められた「2010年以前」に借り入れした方が対象と言われています。ですが、貸金業者の場合は2007年8月に、それまでの上限金利28%を20%までに引き下げています。つまり、貸金業者の場合は2010年以前ではなく、2007年8月以前に借り入れしていた方が過払い金請求の対象者になることを、1つポイントとして抑えておくようにしてください。

いますぐ過払い金請求があるか確かめたい方は、中央事務所のように過払い金請求が得意な事務所の司法書士、弁護士の先生に聞いて過払い金請求ができるか診断するのがいちばんです。

貸金業者の返還率は他者に比較して低い

貸金業者は他者に比較して過払い金請求への対応が厳しく、返還率が低い点に注意が必要です。これは貸金業者が独立系の消費者金融として運営されているためで、過払い金請求の資金を捻出する経営体力が弱い点に理由があります。そのため、貸金業者に過払い金請求を行う場合は、専門家に依頼することをお勧めします。

貸金業者へ訴訟を起こすと過払い金請求期間が長期間になりやすい

貸金業者の過払い金請求は、満額請求を目指して訴訟を起こすと長期化しやすい傾向にあります。貸金業者の過払い金請求を簡単に解決しようとすると、基本的に早い段階で50%未満の低い返済金が提示されます。これを不服に感じて訴訟を起こすと、貸金業者の対応は一転して徹底抗争の構えとなり、長期化しやすくなるのです。これは過払い金請求を得意としている弁護士の中でも有名な話となっています。

貸金業者の倒産可能性は今のところ低い

前述したように貸金業者は銀行系のグループ会社により運営されている消費者金融ではなく、資金力が乏しい独立系の消費者金融となっています。独立系の消費者金融は、過払い請求への対応や、「本人の年収の3分の1以上の借り入れ総額を上回ってはならない」という総量規制により、経営破綻に追い込まれたケースも散見されています。

貸金業者でも2009年に会社更生法や民事再生法の手続きをとって、第三者から支援を受ける事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を行い、倒産の危機に直面していたことがあります。ただ、2014年までの事業再生ADR支援期間後、順調に利益を出すことが出来たため、倒産の危機は回避されています。

貸金業者がすぐに倒産してしまうリスクは今のところ低くなっていますが、過払い請求には時効が設定されています。できるだけ早めに過払い金請求を行うようにしましょう。

対象者や返還率、訴訟などの注意点を把握してから、過払い金請求にのぞみましょう。

貸金業者の過払い金の交渉は厳しい?返金される金額・お金が戻るまでの期間

自分で貸金業者に交渉する・裁判をして過払い金を取り戻す場合

自分でカード会社や消費者金融会社などの貸金業者と交渉して過払い金を取り戻すのは簡単ではありません。

まずは業者に対し「借り入れ当初から現在までのすべての取引履歴」を請求する必要があります。必ずしも1回ですべてが開示されるとは限らず、不足していたら追加で請求しなければなりません。

取引履歴が届いたら「利息制限法」に引き直して過払い金を計算する必要があります。間違えると適正な過払い金を取り戻せないので、正確な作業能力を要求されます。

過払い金を計算できたら、ようやく交渉が始まります。交渉の際にも、自分で対応すると貸金業者から厳しい対応をされるケースが多々あります。

・過払い金を大きく値切られてほとんど取り戻せない
・そもそも過払い金返還に応じてもらえない
・借金返済中の方は「0和解」を進められる(借金と過払い金をお互い0にして返してもらえないパターンです)

さまざまな問題をクリアしてようやく過払い金返還の示談が成立しても、実際に支払ってもらえるには示談後半年が経過してからになるケースがよくあります。

過払い金請求をした場合に「返還される金額」や「返還されるまでの期間」は貸金業者によっても異なります。

自分で過払い金請求の交渉をした場合に返ってくる金額の相場

・額面額の30~50%程度

自分で過払い金請求したときの返還までの期間

半年~1年くらい。ただし減らされて返還に応じてもらえないケースや1年以上かかるケースもあります。

依頼した専門家が貸金業者に交渉する・裁判をして過払い金を取り戻す場合

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼した場合の回収見込額やかかる期間の相場をお伝えします。

弁護士や司法書士に依頼した場合でも、過払い金請求への対応は貸金業者によって異なります。ただしいずれの業者でも、本人が対応するよりも高額な返還を受けられるケースが多数です。

たとえば大手消費者金融会社などの場合、弁護士や司法書士などの専門家が対応すると70~80%の返還に応じることがよくあります。中小の貸金業者や比較的渋い対応をする業者でも、自分で対応するよりは高額な返還を受けられるのが一般的です。

弁護士や司法書士に依頼する場合、どうしても相手が返還に応じないなら「訴訟」も依頼できます。訴訟を起こして判決を出してもらえば、多くのケースで「100%+過払い利息」を取り戻せます。

過払い利息とは、相手がすぐに過払い金を返還しなかったことによって消費者が被った損害に対する賠償金です。つまり元本だけではなく過払い利息の分、取り戻せる金額が大きくなります。

弁護士や司法書士に依頼した場合に過払い金返還合意ができるまでの期間は、示談であればだいたい2~6ヶ月程度です。ただし示談成立後、実際の振り込みまでに数ヶ月かかる業者もありますし示談が決裂して訴訟になると、さらに長い時間がかかり1年以上になる可能性もあります。

過払い金請求をするとき、時間がかかってもできるだけ高額な支払いを受けたいなら専門家に依頼して訴訟を起こすようお勧めします。金額が少し減っても早めに解決したいなら、専門家にまかせて示談をまとめるのが得策です。

専門家に依頼した場合に取り戻せる過払い金の金額の相場

示談なら過払い金の60~90%
訴訟で判決を出してもらったら100%+過払い利息の取り戻しも可能

専門家に過払い金請求を依頼した場合にかかる期間

・示談なら2~6ヶ月
・訴訟になったら6ヶ月~1年くらい

司法書士や弁護士のサイト・広告や口コミサイト・ランキングの信ぴょう性

弁護士・司法書士のサイトや広告はあてになるの?

過払い金請求を依頼する専門家を探すときには、多くの方がネット広告や運営サイトを参照するものです。サイト上の宣伝文句をそのまま信用してよいのか、検証してみましょう。

結論として、サイト上の広告を「そのまま信用」するのは得策ではありません。日本には「景品表示法」という法律があり、虚偽広告や誇大広告は禁止されています。

しかし実際には過度な広告が行われているケースもよくあるからです。たとえば「虚偽」とはいえないまでも「高額な取り戻しができた事例」だけを掲載し、あたかもすべての案件で高額な過払い金を取り戻せるような印象を与える広告は多数みられます。

すべての案件で高額な過払い金を取り戻せるとは限りません。消費者の気持ちを煽るような大げさな表現をしている弁護士事務所や司法書士事務所には注意すべきです。「大手」「有名」「全国展開」だからといって信用できるとも限りません。

弁護士・司法書士の口コミサイトやランキングは信用できるの?

弁護士や司法書士が直接運営しているサイト以外に、過去に過払い金請求したユーザーが書き込んでいる「口コミサイト」がたくさんあります。口コミなら「現実に頼んだ人」が感想を書いているのだから信用できるのでは?と考えてしまうのもうなづけます。

しかし口コミサイトだからといって盲信してはなりません。そもそも口コミは「個人の感想」に過ぎず、別の人が頼んだら別の感想を抱く可能性があるものです。

たまたまうまくいって高額な過払い金を取り戻せた人は「良い口コミ」を書き込むでしょうけれど、別の人が依頼したら取り戻しに失敗する可能性もあります。

口コミがすべて本当とも限りません。ときには嫌がらせで嘘の感想を書く人、サクラで良い評判を書く人もいます。

特に債務整理のアフィリエイトサイトでは、運営者であるアフィリエイターが債務整理の申込みをさせるために実際より良い評判を勝手に書き込んでいるケースも考えられます。口コミを参考にするのはよいですが、鵜呑みにしてはなりません。

過払い金請求を依頼する法律事務所の選び方と体験談

あなたにあった司法書士・弁護士の見つけ方

過払い金の金額や戻ってくるまでの期間を重視する人

過払い金請求を依頼する専門家を探すときには、「自分が何を重視するか」を軸に判断すべきです。

「取り戻せる金額が高い方が良い」「早めに取り戻したい」場合、つまり過払い金の金額や戻ってくるまでの期間を重視する方は、「実績」と「経験」が豊富な事務所がおすすめです。

これまで多数の過払い金請求案件を取り扱い多額の返還を受けた実績がある事務所には、情報とノウハウが蓄積しています。

業者ごとに対処方法を把握しており適正な返還額の水準や交渉方法を熟知しているので、示談でも可能な限り高額な支払いを受けられますし、対応がスムーズです。有利に過払い金請求の交渉を進められるので、結果的に返還額が高額でかかる期間も短くなる傾向があります。

対応の丁寧さを重視する人

過払い金請求を依頼する専門家を探すとき「できるだけ丁寧な対応をしてもらいたい」方もおられます。

たとえば「平日は仕事で忙しいから休日対応してもらいたい」「女性の先生にお願いしたい」「事務所に行くのは抵抗があるのでオンライン面談にしてほしい」「同居の親族に知られたくないので、バレないための工夫をしてほしい」など。

丁寧な対応を希望する方は、要望内容によって以下のような事務所を選ぶのがおすすめです。

平日は仕事で忙しい方…土日祝にも相談をうけてもらえる事務所、夜間対応している事務所

女性の先生にお願いしたい方(男性の弁護士が苦手、恥ずかしい、威圧感を受けるなど)…女性専用の相談窓口がある事務所

コロナが心配で出歩きたくない方…ZOOMなどのオンライン面談に対応している事務所

同居している家族に知られたくない方…「家族に秘密でも債務整理を受けてくれる」事務所で、かつ事務所からの書類を弁護士の個人名で郵送してもらえて電話のかけ方やメールにも配慮してくれる事務所

家からの近さを重視する人(300文字)

できるだけ家から近い事務所に依頼したいニーズもあります。

確かに過払い金請求を依頼するとき、ご本人が事務所に行かねばならない場面は少なく、ほとんどのやり取りは電話や郵便、メールなどで済ませられます。

ただし当初の一回は必ず事務所に行かねばなりませんし、訴訟になれば再度事務所に行かねばならないのが一般的です。遠方の事務所に依頼すると、交通費や時間がかかってしまい、デメリットとなります。都会ならいくらでも法律事務所がありますが、地方では自宅近くにあまり事務所がなくて選びにくいケースもあります。

近くに法律事務所が少ないなら、全国に多数の支店を抱えている大手の法律事務所をあたってみてください。大手であれば多数の過払い金請求案件を取り扱った経験があり、ノウハウを地方の支店事務所まで共有しているので安心して任せられます。

「近いほうが良い」からといって、安易に最寄りの司法書士・弁護士に依頼するのはおすすめではありません。その事務所が過払い金請求に力を入れているとは限らないからです。

法律事務所を選ぶまえに確認すべき4つのポイント

過払い金請求の件に関わらず、数ある法律(法務)事務所の中から安心して任せられる事務所や弁護士を選ぶのは非常に重要なことです。貸金業者の過払い金請求に対する実績や費用などは、インターネット等である程度調べる事はできますが、最終的に信頼できるかどうかを判断するためには、やはり実際に相談をしてみるのが1番です。

以下に貸金業者の過払い金請求をお願いする法律事務所の選び方について解説いたしますが、まずは無料相談に対応しているかどうかという点を事務所選びの基本にしてください。

法律事務所と法務事務所の違い

法律事務所と法務事務所、少し呼び方が違うだけで同じ様な業務内容だと思われるかもしれませんが、実は大きな違いがあるのです。

弁護士事務所と司法書士事務所

「法律事務所」はわかりやすく言えば弁護士の事務所の事です。法律(弁護士法 第20条)で「弁護士の事務所は、法律事務所と称する」と定められており、弁護士が士業として事務所を開設する場合は「○○法律事務所」としなければなりません。つまり、もう一方の「法務事務所」は弁護士の事務所ではないのです。法務事務所は、法律事務所の名称が使用できない、弁護士以外の士業である行政書士や司法書士の事務所です。

過払い金請求の場合でいえば、積極的に扱っている大手の法務事務所は司法書士の事務所である場合が多いです。司法書士は本来、不動産や法人の登記の代理などが主な業務です。しかし、平成14年の司法書士法改正の際に導入された「認定司法書士制度」によって、限られた範囲での民事訴訟手続き代理業務(簡裁訴訟代理等関係業務)が可能になりました(司法書士法 第3条)。

認定司法書士と業務の範囲

新たに導入された「認定司法書士」とは、特別研修を修了した上で認定考査を受け、その結果、法務大臣から簡裁訴訟代理等関係業務を行う能力を有すると認定された司法書士のことをいいます。認定司法書士になると、簡易裁判所の管轄となる訴額140万円以下の民事事件の交渉や和解、訴訟などの代理人になることができます。この制度によって、限定的ではありますが、司法書士の業務に新な広がりが生まれ、「過払い金請求なら〇〇事務所へ」というCMなどでも目にするようになったのです。

最初から過払い金額が140万円以下になる事が明らかであれば、法律事務所だけでなく、法務(司法書士)事務所を含めてどこに依頼するのかを検討してもいいでしょう。

ただし、司法書士が訴訟代理人を務められるのは、簡易裁判所での訴訟に限定されます。もし第一審(簡易裁判所)で決着がつかなかった場合、第二審(控訴審)は地方裁判所が管轄となるため、この段階で司法書士は訴訟代理人になる事ができなくなるのです。法務事務所への依頼も検討する場合は、司法書士の業務範囲や制限を充分に踏まえておいてください。

事務所の雰囲気や弁護士・司法書士の人柄を知る

過払い金請求は事故などの損害賠償請求と違い、借金というデリケートな問題を含みます。本来であれば誰にも知られたくはないですよね。そうした微妙な問題を信頼して任せられる弁護士(司法書士)を選ぶためには、事務所の雰囲気や弁護士(司法書士)の方針、人柄をしっかりと確認する事が大切です。

相談だけであれば自分の借金の事情などは具体的に明らかにしなくても、疑問点や不安なに思う事、わからない部分などを聞く事はできます。できれば複数の事務所に相談して聞きたい事を確認しながら、親身になって話を聞いてくれるか、メリット・デメリットなどをきちんと説明してくれるかなど、しっかり見極めましょう。

ちなみに、過払い金請求は比較的手続きが容易で、事務員や相談員と称される職員が主に対応する場合も少なくはありません。一部の悪質な事務所には、完全に事務員に丸投げされているような状態で、本契約ですら電話やメールだけで済ますようなところもあるのです。弁護士(司法書士)本人との面談もなく契約させようとする事務所は、避けた方が賢明です。

信頼度と費用(報酬)のバランスを考える

事務所に対する信頼感と共に大切なのは、やはり費用面です。

過払い金請求というそもそも払う必要のなかったお金を取り戻す手続きの為に、現状の資力に見合わない費用をかけてしまっては本末転倒です。そういう意味でも無料相談に対応しているかどうかは、事務所を選ぶ際の大切なポイントとなるのです。

費用面については、サイトなどに記載されている場合も多いですが、成功報酬はいくらぐらいか、各手続きにどれくらい費用がかかるのかなど、具体的な金額について無料相談の中で確認しましょう。特に、弁護士報酬については、以前には日本弁護士連合会が定めた規定があったのですが、平成16年に廃止され自由化されています。各弁護士が独自の基準で定めているものなので、しっかり確認しておきましょう。

費用が高いから確実性がある、有利に進められるとは限らないので、事務所に対する信頼感と費用とを秤にかけて、納得できるところに依頼するようにしてください。

過払い金請求費用の種類

さて、事務所選びのポイントとして費用面について言及しましたが、実際に依頼する事になった場合、具体的にどのような費用がかかるのでしょうか。

相談料

後述するおすすめの事務所では、主に無料相談に対応している事務所をご紹介していますが、相談についても有料の事務所がもちろん存在します。ただし、過払い金請求については、無料相談を実施している事務所が多いです。繰り返しになりますが、法律(法務)事務所を選ぶ際、相談料が無料かどうかをまず基準にするのがいいでしょう。

着手金

依頼した案件の成果に関わらず、依頼をした段階で支払う費用です。着手金は、もし途中で依頼した弁護士(司法書士)を解任しても基本的には返ってきません。気に入らなければ解任してしまえばいいと、安易に考えないようにしてください。

基本報酬

依頼した案件について解決した際に支払う基本的な報酬です。過払い金請求の場合は、請求先(金融業者等)1件ごとに費用がかかる場合が多いです。

成功報酬

過払い金請求であれば「回収した金額」に対してかかる報酬です。裁判をしたかどうかによって、報酬の割合が変わる場合があります。定められている割合は事務所によって様々ですが、全体的にみて弁護士の方が司法書士よりやや高めになっている傾向があります。

減額報酬

過払い金の計算をした際、過払い金は無いものの「借入金の残金を減額させた」際に発生する報酬です。元の借金額と減額させた額の差額に対してかかります。したがって、過払い金があった場合は発生しません。

この他、手続きにかかった諸費用(実費)が請求される場合もあります。費用については相談時によく話を聞き、実際に契約となった際にも契約書に書かれている内容をしっかりと確認するようにしてください。

法律事務所に依頼して過払い金請求した体験談

CMをみて過払い金を知り80万円が戻ってきた

年齢:50歳女性
依頼した事務所:杉山事務所
過払い金の金額:80万円
貸金業者:アコム
依頼した背景:CMをみて過払い金の存在を知りました。依頼した友人が相談していて親切に対応してくれると言われたので依頼しました。
感想:相談は無料と言われたので行ってみると、100万円近くの過払い金が発生。私がやることはなく、半年くらい後に過払い金が振り込まれました。

過払い金は発生していなかったけど対応が素晴らしかった!

年齢:50代男性
依頼した事務所:みどり法務事務所
過払い金の金額:0万円
貸金業者:レイク
依頼した背景:ずいぶん前に借入をして完済した借金があったので、CMで知ったみどり法務事務所に相談しました
感想:連絡もはやく対応がしっかりしていて本当にいい事務所だと思います。料金はかからず無料でここまで親身になってやっていただき逆に申し訳ない気持ちになりました。

長い借金生活から解放されました

年齢:70代男性
依頼した事務所:アディーレ法律事務所
過払い金の金額:79万円
貸金業者:プロミス
依頼した背景:生活するためにカードローンでお金を借りていた。返済しても返済しても一向に減らず相談に踏み切りました。知識がなかったけど親切に丁寧に教えてくださったのでお願いすることにしました。
感想:60万円あった借金がなくなり、加えて79万円の過払い金が返ってきました。長い借金生活が終わり本当にほっとしています。この度は大変お世話になりました。

各貸金業者から過払い金が戻ってくる金額や期間

 

過払い金の返還金額

裁判あり 裁判なし
アコム ~100%₊利息 ~80%
オリコ ~100%₊利息 ~100%
イオン ~100%₊利息 ~100%
エポス ~100%₊利息 ~90%
セディナ ~100%₊利息 ~100%
ニコス ~100%₊利息 ~90%
レイク ~100%₊利息 ~80%
セゾン ~100%₊利息 ~100%
プロミス ~100%₊利息 ~70%
アイフル ~100%₊利息 ~60%

過払い金が戻ってまでの期間

裁判あり 裁判なし
アコム 4か月~ 2か月~
オリコ 8か月~ 6か月~
イオン 7か月~ 6か月~
エポス 6か月~ 2か月~
セディナ 6か月~ 6か月~
ニコス 5か月~ 4か月~
レイク 4か月~ 3か月~
セゾン 5か月~ 3か月~
プロミス 4か月~ 3か月~
アイフル 8か月~ 2か月~

過払い金請求に強いおすすめ事務所ランキング|口コミ評判つき

ここでは優良とされている弁護士事務所、司法書士事務所の中から過払い金に強いおすすめの事務所をランキングづけしました。悪徳事務所に騙されたくない、とりあえず過払い金があるのか相談だけしてみたい場合は以下の事務所から選ぶとよいでしょう。

事務所ランキングの基準

上記のランキングは日本弁護士連合会に登録されている弁護士法人1217法人、司法書士法人749法人の中から

  • 事務所の過払い金額や解決件数や相談件数などの実績
  • 事務所の成長力や従業員数などの組織力
  • SNSや電話帳ナビ、教えてgoo、2ちゃんねるなどの口コミサイトの評判
  • メディアや書籍の出版などの露出実績や紹介された件数
  • 支店数や対応エリア
  • 他事務所と比べた費用感
  • メール対応や女性窓口などの顧客サービス

などを調査し、総合的に判断をしてランキングをつけました。口コミサイトでの評判は、実際に事務所に依頼した人の口コミのみを反映し、CMなどのイメージ、人から聞いたなど実際に依頼していない人の口コミは除いています。

また、口コミ紹介では良いもののみを記載しましたが、悪い口コミもランキングの順位には反映しています。メディア露出についてはいわゆるアフィリエイトサイトで紹介されていた件数は含めずに雑誌や公式メディアなどに記載されている件数、テレビ局やラジオの出演実績、本の出版数などを反映しています。

過払い金請求をする事務所については、多くのサイトがランキングで紹介していますが、注目すべきは事務所の実績です。実績は偽造することができませんので、どのくらいの過払い金回収額があるのか、相談実績があるのかを確認してください。実績があれば、次にメディア出演や本の出版、CM広告を出しているかもチェックしてください。

ここで露出や出版しているものが多ければ、悪徳事務所や詐欺事務所である可能性が少なくなります。事務所の候補をいくつかあげたら、直接連絡をとって費用を確認してください。たまにHPに出ている費用よりも多くとってくる事務所もあるので、直接相談して確認するようにしてください。

ここで紹介している事務所は失敗することが少ない事務所です。実際にいくつか相談してみて確認してみるとよいでしょう。

1 司法書士法人杉山事務所

杉山事務所の事務所の特徴

杉山事務所

杉山事務所へ相談する

月間3,000件以上の相談実績

日本でもトップクラスの相談実績があるため、多くの人からの信頼を得ていることに加え、ノウハウや知識量は圧倒的に豊富です。あらゆるパターンに対応することができるため、手続きもスムーズに行うことができます。

消費者金融が恐れている司法書士事務所に選出

ビジネス雑誌の『週刊ダイヤモンド』にて「消費者金融が遅れている司法書士事務所」ランキングで1位を獲得した杉山事務所。毎月5億円を超える過払い金を回収している実績もあるため、より多くの過払い金を取り戻せる可能性が高い事務所であるといえます。

着手金・初期費用・相談は無料!後払いの完全成果報酬

過払い金の相談は無料で行っており、依頼する際も着手金は無料です。過払い金が発生した場合、手続き終了後に成果報酬を支払う後払い制なので、初期費用はかかりません。また、過払い金が発生しなかった場合は費用はかかりませんので、安心して依頼することができます。

杉山事務所へ相談する

事務所の口コミ評判

・完済していても過払い金が返ってきました!(40代男性)
もう20年近く前に借入をして15年くらいかけて返済して完済した借金。完済しても過払い金請求ができることを知り、雑誌にでていた事務所ということもあって相談してみることにしました。司法書士の方がとても丁寧に、費用のこともきっちり説明して依頼することを決めました。最初に書類を書いて、途中で口座を教えただけで特に僕自身は何もせず、半年くらいして「入金しました」と連絡が入り確認したところ、120万弱のお金が振り込まれていました。報酬料も抜いて入金したとのことで、臨時ボーナスが入りました。対応も素晴らしく、友人にもおすすめできる事務所だと思いました。

・過払い金はなかったけど借金額は減りました!(50代女性)
借金の返済が苦しくなり、調べていたところ過払い金の存在を知りました。長い期間借入をしているのでもしかしたら!と思って口コミ評判が一番よかった杉山事務所に依頼してみました。調べてもらったところ、過払い金は発生していなかったんですが、任意整理の提案をしてくださりお願いしたところ、利息が全部カットされて、月々の支払いも今の3分の1程度になりました。全くみえなかった完済がとても現実的になりました。払っても払っても借金が減らない地獄からは抜け出せそうです。本当に感謝しかありません。

・過払い金78万円が返金されました!(50代男性)
過払い金のシュミレーターで「過払い金が発生している可能性があります」とでたので半信半疑でしたが相談に行ってみることにしました。いろいろ調べて、過払い金に強い法律事務所で常にランキングにいた杉山事務所に無料相談に行ったところ、やはり過払い金が発生していました。請求したら90万円近くの過払い金が発生しており、報酬を払っても78万円程度の現金が戻ってきました。連絡も早く、大変助かりました。ありがとうございました。

過払い金にかかる費用

着手金・初期費用 0円
基本報酬 0円
解決報酬 0円
成功報酬 返還額の20%

事務所の詳細

住所(本社) 大阪府大阪市中央区難波2丁目3番7号 POSCO大阪ビル8F
アクセス なんば駅 徒歩2分
大阪難波駅 徒歩3分
JR難波駅 徒歩6分
営業時間 9:00~19:00
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
支店(全8支店) ・東京支店
東京都新宿区新宿2-13-12 住友不動産新宿御苑ビル8F
・札幌支店
北海道札幌市中央区北1条西6-1-2 アーバンネット札幌ビル9F
・仙台支店
宮城県仙台市青葉区一番町3-6-1 一番町平和ビル8F
・名古屋支店
愛知県名古屋市中村区椿町1-16 IMONビル3F
・広島支店
広島県広島市中区基町6-78 リーガロイヤルホテル9F
・岡山支店
岡山県岡山市北区中山下1-8-45 NTTクレドビル10F
・福岡支店
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-1 アーバンネット博多5F
対応エリア 全国
お問い合わせ(全国対応) 0120-066-018

杉山事務所へ相談する

2 司法書士法人みどり法律事務所

みどり法務事務所

みどり法務事務所へ相談する

みどり法律事務所の特徴

過払い金返還額実績は90億円以上

月間の相談件数は500件超え、累計相談件数は1万件超え、過払い金の返還額は90億円を超えという他の事務所に引けをとらない実績をもっています。特に金融機関との交渉で取り戻せる金額が決まってくる過払い金請求は、経験値や知識量が必要不可欠です。みどり事務所の過払い金返還実績は日本の法律事務所の中でもトップクラスの実績があり、信頼性は高いといえます。

書類・費用の準備は一切不要!丁寧で寄り添った対応

親身になってひとりひとりに寄り添った対応が口コミで評判のみどり法律事務所。契約書類や明細書がなくても、しっかりと相談にのってくれます。また、電話やメールでの相談や定期的に無料出張面談も行っています。ひとりひとりに寄り添うことで相談のハードルを下げて、より多くの人の借金を減らしたいという想いを強く感じる事務所です。

相談は無料!明確な料金体系

みどり事務所ではメールでの相談や電話相談、司法書士による面談相談も全て無料で行っています。料金体系は明確で、過払い金請求の場合は請求する金融機関につきかかる「基本報酬」と過払い金が発生していた場合にかかる「成功報酬」のみ。初期費用は一切かかりません。

みどり法務事務所へ相談する

事務所の口コミ評判

長い借金生活から解放されました(70代男性)
収入が安定せず、生活するためにカードローンでお金を借りていました。ですが、返済しても返済しても一向に減らず相談に踏み切りました。全く知識がありませんでしたが、とても親切に丁寧に教えてくださったのでお願いすることにしました。すると、過払い金が発生していることがわかり取り戻してくださったところ、60万円あった借金がなくなり、それに加えて79万円の過払い金が返ってきました。長い借金生活がようやく終わり、本当にほっとしています。この度は大変お世話になりました。

200万円近くの過払い金が返ってきました(40代女性)
複数の消費者金融からお金を借りていました。簡単に借りられるので足りなくなったら借りて、を繰り返していたら総額で300万近くになってしまいました。毎月の返済は怠りませんでしたが、毎月十数万円の返済がとても厳しくて勇気をもって相談しに行きました。調べていただいたら、過払い金が発生しているということで、240万の過払い金が発生していました。過払い金で借金の完済はできませんでしたが、大幅な減額で完済が見えてきてすごく嬉しかったです。力になってもらえて本当によかったと思っています。

キャッシング明細もなかったのに過払い金請求できました(60歳女性)
生活に困っていたときにキャッシングを利用し、長い期間かけてやっとの思いで完済しました。お金を借りたことを消したくて、明細やカードも全て処分していました。たまたま友人の頼みで同伴した無料相談会で、過払い金が発生しているかもと言われ、請求したところ120万円の現金が戻ってきました。完済後の過払い金請求はデメリットもないと丁寧に説明してくれたので安心して任せられましたし、何よりこんなにたくさん取り返せて大変感謝しています。

費用

着手金・初期費用 0円
基本報酬 49,800円/1社
解決報酬 0円
成功報酬 返還額の20%

事務所の詳細

住所(本社) 東京都千代田区九段南2丁目2番3号 九段プラザビル8階
アクセス 東京メトロ半蔵門線九段下駅 徒歩5分
東京メトロ東西線飯田橋駅 徒歩11分
営業時間 9:00~19:00
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
支店(全8支店) ・札幌駅前事務所(北海道)
北海道札幌市北区北7条西2-6 37 山京ビル716
・愛知事務所
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目24-5 第2森ビル4F 405
・岡山駅前事務所
岡山県岡山市北区本町3-13 イトーピア岡山本町ビル801
・広島事務所
広島県広島市中区大手町2-7-2 ウエノヤビル大手町7F B号室
・高知駅前事務所
高知県高知市北本町2-1-12 ザ・ケイス高知駅前ビル3F
・松山事務所(愛知)
愛媛県松山市千舟町4-4-6 千舟町ビル6F東
・熊本事務所
熊本県熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル3F
対応エリア 全国
お問い合わせ(全国対応) 0120-832-032

みどり法務事務所へ相談する

3司法書士法人中央事務所

事務所の特徴

全国司法書士事務所ランキング200 第1位(2020年版)

全国で最も司法書士が在籍している事務所として全国で第1位を獲得し、司法書士からも選ばれる事務所として成長しています。優秀な司法書士が在籍しているため、貸金業者の過払い金だけでなくクレジットカードの過払い金も多額の回収が見込めます。

従業員570人以上の組織力とメディア出演多数の知識力

業界最大級の従業員数で徹底サポートをしてくれるため、全国どこからの依頼も迅速な対応を強化しています。また、朝日放送や毎日放送などのテレビ出演、ニッポン放送やTBSラジオなどラジオにも出演。多数のオファーがくるほど知識や経験豊富な司法書士が揃っています。

費用は完全成果報酬なので最初の持ち出し金は不要

過払い金が少ししか取り戻せず、手元に残るお金がなくなってしまうということがないように費用は完全成果報酬制で、きちんとメリットが出るように考慮された料金体制をとっています。初期費用や着手金、相談料は何度でも無料です。

事務所の口コミ評判

・CMをみて過払い金を知り80万円が戻ってきました(50歳女性)
中央事務所のCMをみて過払い金の存在を知りました。今はもう返し終わりましたが、むかし長い期間借金をしていたことがあって、それも過払い金があるのかなと思ったので連絡してみました。相談は無料と言われたので実際に相談に行ってみると、100万円近くの過払い金が発生していることを教えてくれました。手続きをお願いしたんですが特に私がやることはなく、半年くらい後に過払い金が振り込まれました。80万円というまとまったお金だったのでとっても嬉しく、相談してよかったと思いました。

・明細もないのに過払い金を取り戻せました(60歳男性)
ギャンブルで借金が積み重なり200万近くの借金があったこともありました。これはまずいと思ってギャンブルをやめて返済していたんですが、一向に返し終わりませんでした。そろそろ定年なのでなんとかしたいと思っていたときに、20年ほど返済をしていたので過払い金があるかもしれないと気づき、過払い金で有名な中央事務所に相談してみました。120万円ほどの過払い金が発生しているかもしれないと言われてびっくりしましたが、借金が完済できるかもしれないと思い依頼しました。手続き費用と借金を完済しても手元に20万円ほど残りました。まさか借金がなくなるとも思わなかったし、手元にお金が入るとも思っていなかったので、大変嬉しいです。定年前に完済できてよかったです。この度は本当にお世話になりました。 削除:

・過払い金は発生していなかったんですが、スタッフの対応がよかった(20代男性)
8年前に自己投資のために100万円ほどの借金をしてまだ50万円ほど返済が残っていました。過払い金があるのかメールしてみると借入時期的に過払い金は発生していないことがわかりました。でも、今の借金の状況を話したら他の手続き方法があるとのことで直接相談にいき司法書士の先生に話すと、任意整理という方法を提案されました。手続き方法やメリット、デメリットまで本当に丁寧に教えてくださり、費用も負担なくやってくれるとのことでお願いしたところ、利息がなくなり毎月の返済額も減らしてくれました。返済生活がいつ終わるんだろうと思っていたので、先が見えて少しほっとしています。手続き中もですが、最後まで丁寧に対応してくださったスタッフの方に本当に感謝です。

費用

着手金・初期費用 0円
基本報酬 0円
解決報酬 詳細は電話にて問い合わせ
成功報酬 詳細は電話にて問い合わせ

事務所の詳細

住所(本社) 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル16階
アクセス 都営大江戸線 都庁前駅よりA6出口直結
営業時間 7:00~24:00
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
支店(全3支店) ・大阪支店
大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル10階
・名古屋支店
愛知県名古屋市中区丸の内1-15-9 SUGAKICO第2ビル9階
・九州博多支店
福岡県福岡市中央区天神2-14-2 福岡証券ビル6階
対応エリア 全国
お問い合わせ(全国対応) 0120101010

4 司法書士法人みつ葉グループ

事務所の特徴

相談実績24万件以上!債務整理専属チームがサポート

お問い合わせ・相談が24万件以上の実績がある「司法書士法人みつ葉グループ」は2018年1月に司法書士法人オフィスワングループから社名変更した事務所です。過払い金の回収額の実績は見つけられませんでしたが、総勢60名もの債務整理専属チームを設けて、より多くの債務者の借金完済のサポートをしているため、顧客満足度は94%。丁寧な対応で評判がいいのも特徴です。

全国どこでも何度でも相談は無料!匿名相談もOK

電話・メール・対面などでの相談は何度でも無料なので、不安や疑問がなくなるまで対応してくれます。また、相談の時点では本名を使いたくない方のために匿名でも相談ができます。さらに、LINEなどのビデオ電話を使用した相談も可能。相談しにくいというハードルを極力下げて、親身に寄り添う体制が整っています。

独自の借金減額シュミレーター

法律事務所には珍しい、独自の借金減額シュミレーターを備えているので、どのくらい借金が減るのかがわかります。方法は、3つの問いに答えて診断を待つだけ。相談に足を運ばなくてもシュミレーションできるので、手続きをするか悩んでいる方やまずはどのくらい減らせるのか把握したい方には嬉しいシステムです。

事務所の口コミ評判

家族にバレずに110万円取り戻せました!(40代女性)
20代30代の頃にキャッシングを使い込んでおり、常に200万円前後の借入を繰り返していました。このままじゃまずいと思い、ギリギリの生活でなんとか完済しましたが、CMで過払い金の存在を知りました。そんな時にたまたま近くにここができたので(司法書士法人みつ葉グループ)相談は無料とのことで行ってみることにしました。調べてもらったところ、過払い金があることがわかり、請求していただいたところ、110万円の過払い金を取り戻すことができました。うちは2世帯住宅なので家族にバレてしまわないか心配だったんですが、郵便物は一切届かず、連絡も1~2回で時間も指定できたので、全くバレずにできました。本当にありがとうございました。

過払い金40万円と利息のカットができました!(60代女性)
自営業のため、生活費が苦しい時があり2社の金融機関から借入をしていました。1つは銀行系列でもうひとつはクレジットカード会社です。ネットで調べたところ、対応がいいと口コミで評判がよかったためまずは相談だけでもと行ってみると、どうしたら借金を完済できるか、とても親身になって考えてくださりたくさんのアドバイスもいただきました。信頼できると思ったのでお願いしたところ、なんと過払い金が発生しており、40万円ほど返ってきました。借金を完済することはできませんでしたが、利息についてもカットしていただけたので完済がとても近くに見えてきました。相談してよかったです。

過払い金は発生していなかったけど対応が素晴らしかった!(50代男性)
ずいぶん前に借入をして完済した借金について、過払い金が発生していないか依頼しました。すごく感じの良い司法書士さんでとても丁寧に対応してくださいました。結局、過払い金は発生していませんでしたが、連絡もはやく対応がしっかりしていて本当にいい事務所だと思います。過払い金が発生していなかったので料金はかからず無料でここまで親身になってやっていただき逆に申し訳ない気持ちになりました。また気軽に相談してくださいと言っていただいたので、もし何かあった場合はこの事務所を利用しようと思ってます。

費用

着手金・初期費用 0円
基本報酬 0円
解決報酬 0円
成功報酬 返還額の20%

事務所の詳細

住所(本社) 東京都港区赤坂7-2-21 草月会館7階
アクセス 銀座線/半蔵門線/都営大江戸線「青山一丁目駅」4番出口 徒歩6分
銀座線/丸ノ内線「赤坂見附駅」A出口 徒歩10分
営業時間 9:00~20:00
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
支店(全8支店) ・札幌オフィス
北海道札幌市中央区大通西一丁目14-2 桂和大通ビル50 9階
・大阪オフィス
大阪市阿倍野区旭町1-2-7 あべのメディックスビル2階
・広島オフィス
広島県広島市中区上八丁堀8-10 クロスタワー6階
・福岡オフィス
福岡市博多区博多駅前1-1-1 博多新三井ビルディング8
・沖縄オフィス
沖縄県那覇市久茂地1丁目1番1号 パレットくもじ 9階
対応エリア 全国
お問い合わせ(全国対応) 0120-739-002

5 新大阪法務司法書士事務所

事務所の特徴

借金問題の月間相談数100件超え!優秀な司法書士が在籍

新大阪法務司法書士事務所は借金問題専門ではなく、成年後見人や不動産登記・商業登記など幅広い分野を取り扱っています。月間の相談件数は約200件あり、そのうちの100件超は借金問題。借金問題専門の事務所は数多くあり、本来ならば専門の事務所の方がいいと思われがちですが、総勢6名の少ないスタッフで丁寧に対応し、満足のいく結果を出していることから、日々多くの依頼が殺到しています。少ないスタッフでも件数に対応できるのは、優秀なスタッフが在籍している証拠といえます。

女性専用の窓口『債務lady』がある

借金で苦しんでいる人は、男性よりも女性の方が多い傾向にあるというデータがある一方で、相談するのが恥ずかしい、他の人に知られたくないと言った理由から、ひとりで不安を抱えている人も少なくありません。そこで新大阪法務司法書士事務所は、そんな女性のために専用窓口も設置しています。『債務lady』という女性に特化したサイトも運営して親しみやすさをつくり、相談のハードルを下げているのも特徴です。

明瞭な料金体系で価格も良心的

過払い金請求にかかる費用は基本報酬(1社あたり20,000円)と成功報酬(返還額の20%)のみで、相談料や初期費用は一切かかりません。基本報酬の上限は司法書士会のガイドラインでは上限50,000円と定められている中、20,000円に設定しているのはとても良心的です。

事務所の口コミ評判

500万円近い借金が40万円程度に減額!(50代男性)
仕事がうまくいかなくて退職したことを妻に言えず、貸金業者から借入をしてしまいました。一気に300万円借りたのが間違いで、使い込んでしまい…再就職して返済はしていたものの給料がかなり減ってしまったので返済が厳しく、とても苦しい状態でしたので相談しました。まず、過払い金が70万円ほど発生していたので返済にあてましたがそれでもまだある借金に任意整理を提案してくださり、借金は40万円程度に。さらに利息もカットしていただき、完済の希望がみえました。本当に相談してよかったです。本当にありがとうございました。

70万円の過払い金が戻ってきました!(60代女性)
15年くらい前に子どもの養育費で200万円くらいのお金を借りまして、毎月滞ることなく返済していました。もう15年近く返済しているのにやっと100万円をきったくらいで借金の減りが少なく違和感を感じて、近くにあって近所の評判もよかった事務所(新大阪法務司法書士事務所)に相談してみることに。無料の相談で「おそらく過払い金が発生している」と言われ、依頼すると手数料引かれて70万円の過払い金が帰ってきました。完済まではいきませんでしたが、もうすぐで借金生活が終わると思うと嬉しくてなりません。とても親切に対応してくださり大変感謝してます。

女性のスタッフがいて相談しやすく、夫にバレずに手続きできました(50代女性)
自己投資にお金をかけてしまいすでに20年ほど支払い続けている借金から膨れ上がり、120万円ほどになってしまいました。パートの私が払い続けるには限界を感じたのですが夫にはずっと隠しており、子どもの進学もあるので本当にどうしようと思って、誰かに相談したいけれど相談しにくく悩んでいました。そんな時に女性専用窓口があるのを知り、相談も無料とのことで連絡してみると、いろいろなアドバイスをいただけました。とても良さそうだったので依頼してみると120万円を超える過払い金が発生していることがわかり、お願いしたところ借金が0円になったんです。本当に感動し、ほっとしました。私は借金額が多かったので過払い金が手元にこそ残りませんでしたが、でも借金がなくなったことは本当に嬉しいです。夫にもバレずに配慮してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。相談して本当によかったと思います。

費用

着手金・初期費用 0円
基本報酬 20,000円/社
解決報酬 0円
成功報酬 返還額の20%

事務所の詳細

住所(本社) 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12-518
アクセス JR・地下鉄新大阪駅 徒歩1分
営業時間 9:00~19:00
定休日 年中無休 ※年末年始は除く
対応エリア 全国
お問い合わせ(全国対応) 0120-363-006

悪徳事務所には依頼するな!依頼する前に知っておくべき悪徳事務所の特徴

悪徳事務所には依頼するな!依頼する前に知っておくべき悪徳事務所の特徴

弁護士事務所やNPO法人を装ってる

弁護士事務所なら信頼できる、NPO法人は営利を目的としていないから費用が安くて良心的など、肩書きや法人格だけで判断してはいけません。チラシや広告などで無料相談を促し、事務所に相談にきたら強引に契約をさせられてしまい高額な請求書が届くケースもあります。過払い金請求を依頼しようと事務所探しをしているなら、事務所の実績や弁護士や司法書士などの実力、雰囲気などをきちんと確認するようにしましょう。

電話や郵便物で必要以上に勧誘してくる

過払い金の無料シュミレーターを使った場合、電話番号や住所が入力必須になっていることがあります。後日、事務所から折り返しの連絡や郵便物での勧誘がくることがありますが、断ったのに必要以上に何度も勧誘してくる事務所には注意が必要です。電話や郵便物での勧誘をしないで欲しい旨を伝えてもなお連絡がくる場合は法的処置をとることができますので視野に入れておくとよいでしょう。

時効を提示して急かしてくる

過払い金は最終取り引き(最後に借り入れをした日または返済した日)から10年で時効になります。時効を過ぎてしまうと、過払い金があっても請求ができなくなってしまいます。時効がきてしまう前に過払い金の請求をおこなう方が良いですが、必要以上に時効を推して催促してくる事務所には注意が必要でしょう。

デメリットを話さず手続きを強行しようとする

過払金請求をした場合、借金が減額するもしくはなくなるかもしれない大きなメリットがあります。一方で返済中の借金について過払い金請求をし、戻ってきた過払い金で借金が完済できなかった場合にブラックリストに載ってしまうかもしれないなどのデメリットやリスクも存在します。過払い金のデメリットやリスクはほとんどの場合ないのですが、稀に借り入れ期間や借金額によってリスクが生じてくることがあります。リスクが発生する可能性がある場合、弁護士や司法書士は依頼時に説明をすることが一般的ですが、悪徳な事務所はとにかく早く依頼を受けて依頼者からお金を巻き取りたいと思っているため、デメリットを話さず、メリットばかり話して手続きを勧めてきます。デメリットやリスクが全く発生しない、発生する可能性がないなど、一切のリスクがないといってくる事務所には要注意です。

手続きの費用が高い

過払い金の費用にかかるものは ・着手金/基本報酬
・成功報酬
の2点です。多くの事務所は着手金および基本報酬は1社あたり2万円前後、成果報酬は取り戻した額に対して20%前後です。これ以外に説明のなかった手数料が上乗せられていたり、着手金に高額な金額を請求してくる事務所もあります。 依頼する前にかかる費用についての説明はよく聞くようにしましょう。費用が明確でない事務所や、事前の説明がない事務所については注意が必要です。

過払い金請求における最近の悪徳事務所の傾向

過払い金請求が知られるようになってから、過払い金詐欺をする悪徳事務所もで始めるようになりました。さまざまな事務所がありますが、最近の悪徳事務所の傾向としては以下のものが挙げられます。

請求した過払い金を着服する

取り戻した過払い金額よりも少ない金額を報告してくる事務所があります。借金を完済しているのにも関わらず残債があったと偽ってきたり、借金があった場合は充当して借金をゼロにしたなどと偽り、過払い金を着服してきます。貸金業者との交渉で和解した場合には和解書、交渉が平行線で裁判になった場合は判決書が作成され、それぞれに過払い金額が記載されます。書面を確認し、きちんとした額が振り込まれるかを確認するようにしましょう。

また、上記のように事務所自体が悪質な場合もありますが、そうでない場合もあります。2020年6月弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所が貸金業者から回収した過払い金を着服し、広告費用に使用していたことで負債額50億円超で破産手続きを開始しました。ミネルヴァ法律事務所は、全国展開している事務所ではなく弁護士6名程度の事務所です。その事務所が50億円超の負債額は通常考えられ難い金額です。内訳としては30億円以上が広告に流れていたことから、影の支配者は広告代理店だったと考えられます。

ちなみにこの場合は過払い金が戻ってくる可能性は非常に低く、戻ってきたとしても数%程度となります。過払い金は払いすぎた利息であるため、本来依頼者の元へ戻すべきものですが、このような状況になってしまうとほとんど戻ってこないこともあります。悪意のある事務所でなくとも戻ってこないこともあるため、事務所の経営状況なども確認しておくことをお勧めします。

無料相談に行っただけなのに相談料を請求する

自分の借金には過払い金が発生しているのか相談したくて事務所に行き、手続き方法や費用などの説明を受けたところ、帰り際に相談料を請求されたり、後日請求書が届くというケースもあります。相談に行った際、個人情報を扱うため書面にサインを求められることがありますが、何も確認せずサインとしてしまうと書面の中に過払い金請求の委任に同意するなどの記載が含まれている場合があります。サインをする書面はきちんと目を通し、不明な書類にはサインをしないようにしましょう。

進捗を教えられずに手続きが放置される

悪徳な事務所は、過払い金が高い案件や報酬がもらえる案件から手続きをおこなう傾向にあります。そのため、過払い金がそれほど発生していなかった場合などは手続きが放置されることもあります。また、手続きに関しても一切連絡がなく、連絡をしても「担当のものが不在」などの理由で進捗を教えてくれない事務所も存在します。さらに、過払い金請求の時効である10年をすぎるまで放置され、過払い金を着服するといった事務所もあります。手続きはいつ終わるのか、連絡がこない場合は随時確認するようにし、状況は常に把握しておくようにしましょう。また、半年以上なんの進展もない場合は、他の事務所にうつることをおすすめします。

悪徳事務所に依頼せずあなたに合った司法書士・弁護士か見極めるコツ

説明が難しくわかりにくい、相性が悪い

過払い金請求を依頼する弁護士や司法書士を選ぶときには「説明がわかりにくい事務所」は避けるべきです。難しい専門用語を連発して依頼者にわかりやすく説明しようとしない専門家は「良い専門家」とはいえません。

専門家との「相性」も重要です。一般的な評判が良くても「自分と合わない」ケースもあり、相性の悪い専門家に依頼してしまったら手続き過程で多大なストレスを受けてしまいます。口コミや実績を鵜呑みにせず「実際に話してみて自分で感じた印象」により、依頼するかどうか判断しましょう。

上から目線の弁護士・司法書士

弁護士や司法書士の中には、依頼者に対して「上から目線」で接してくる人がいます。残念なことではありますが、「依頼者は金さえ払ってくれれば良い」と考えていたり「自分の方が格上」と考えていたりする人も中には存在するのです。

どんなに経験年数が長く実績があっても依頼者に高圧的に接する人はおすすめできません。相談を受けてみて「威圧的」「偉そうにされてストレスがたまる」と感じるなら、その人に依頼しないでおきましょう。

過払い金請求の際、示談で「全額」の返還を受けるのは困難です。弁護士などの専門家に依頼しても取り戻せるのは60~90%が相場であり、どうしてもある程度は妥協しなければなりません。

しかし依頼者に過度に妥協を迫ってくる専門家は良い専門家とはいえません。そういった人は「早く解決して報酬金を獲得したい」と自分の利益を優先している可能性が高いのです。依頼者の利益を考えてくれない弁護士や司法書士を選ぶべきではありません。

弁護士費用が相場と比べて高い

過払い金請求を依頼する場合にかかる弁護士費用には「相場」があります。

示談の場合には「回収できた過払い金額の20%程度」、訴訟になったら「回収できた過払い金額の20~25%程度」が相場です。これよりも異常に高い事務所は良い事務所とはいえません。

たとえば上記以外に高額な着手金を加算される、減額報酬を加算されるなどの事務所は避けるのが無難です。弁護士事務所や司法書士事務所を選ぶときには、事前に「過払い金請求にかかる費用の相場」を確認した上で個別に見積もりをもらい、依頼を検討しましょう。

過去に懲戒処分を受けている

弁護士や司法書士には「懲戒制度」があります。懲戒とは、問題行動をした弁護士や司法書士にペナルティを与える制度です。たとえば「誠実に対応しなかった」「お金を横領した」「事件を進めずに放置した」などの対応をすると懲戒される可能性があります。過去に懲戒をうけている専門家は今回も問題を起こす可能性があり、おすすめではありません。

たとえば弁護士の場合、弁護士懲戒処分検索センター で懲戒情報の検索ができます。

過払い金請求の返還実績が少ない

過払い金請求を依頼する専門家を選ぶとき、「最重要」ともいえるポイントが「回収実績」です。過払い金請求への対応は業者によって異なるため、より高額な過払い金を回収するには相手の特徴を押さえておかねばなりません。数多くの業者を相手にしてきた経験のある事務所であれば相手ごとの適切な対処方法を知っているので、効率よく高額な過払い金を回収しやすくなります。

経験の少ない弁護士に依頼すると、同じ報酬金額でも回収できる過払い金が少なくなったり安心して任せられなかったりするケースも多いので、返還実績に注目して依頼先を選定すべきです。

依頼した事務所に違和感を感じたときの対処方法

まずは警察に通報しましょう。依頼した先の弁護士や司法書士を懲戒処分などを課すことができます。また、詐欺行為が明らかなときは刑罰に処する場合もあり、かかった費用などを取り戻すことができるケースもあります。過払い金の手続きが終わっていない(金融機関との和解が成立していない)場合は、別の事務所に変えることもできます。おかしいと思ったら別の弁護士または司法書士事務所に相談してみましょう。

貸金業者で過払い金の対象となる条件と過去の金利

貸金業者から過払い金請求ができる対象者は、グレーゾーン金利で貸金業者から借金をしていた人です。

貸金業者では2007年8月頃に金利を見直し、法定内の金利に変わりましたので、それ以降に貸金業者で新規契約をした人は対象からは外れます。

利息制限法では、10万円未満の借金では20%、10万円以上100万円未満の借金では18%、100万円以上の借金では15%という上限金利が定められています。この上限を超える金利で貸付をすることは違法ですが、「みなし弁済」という制度があったため、多くの消費者金融では利息制限法の上限を超えるが、出資法の上限(29.2%)は超えない金利、すなわちグレーゾーン金利で貸付を行っていました。

しかし、2006年の最高裁判決でほとんどの場合に「みなし弁済」を認めないという判決が下されましたので、グレーゾーン金利で借りていた人はすべて、過払い金請求をする権利を持っているということになりました。

その後、貸金業法が改正されて「みなし弁済」の規定がなくなり、出資法も改正されて上限金利が20%になりました。グレーゾーン金利で貸付を行っていた消費者金融も、2007年~2008年にかけて金利の見直しを行っています。貸金業者では、2007年8月頃に金利の見直しがされたので、それ以前に貸金業者で借りていた人が、貸金業者から過払い金請求ができる対象者となります。利息制限法の上限を超えた利息の支払いは無効となるので、その分が過払い金として請求できます。

過払い金請求には10年の時効の定めがあります。貸金業者で現在も返済中の人であれば時効はまだ進行していませんが、すでに完済をしている人は、完済時点から10年で時効にかかってしまいます。時効にかかっていても援用をされていなければ請求ができますが、貸金業者はプロの業者なので、時効にかかっていたらほぼ必ず援用されてしまうでしょう。時効にかかりそうな場合には、早い段階で弁護士や司法書士に相談をして、早めに請求をすることが重要になります。貸金業者は大手なのでよほどのことがない限り倒産をすることはないと思われますが、倒産をしてしまった場合にも過払い金請求ができなくなってしまいます。

自分で貸金業者に過払い金請求する方法・注意点

貸金業者では、2007年8月にそれまで28%程度であった金利を、18%にまで下げています。すなわち、2007年8月以前に貸金業者でお金を借りていた人は、過払い金が発生しています。貸金業者は大手の消費者金融ですが、銀行グループに属しておらず、資金力に不安があります。過払い金請求をするなら、早めに行うのが良いでしょう。

おもに過払い金が発生している貸金業者は、アコム、アイフル、レイクなどです。

貸金業者に取引履歴開示請求を行う

貸金業者の公式ホームページに開示請求書などは用意されていないので、電話もしくは郵送で開示請求をする必要があります。

貸金業者の取引履歴開示請求の窓口は、お客様サービスセンター開示等請求窓口(0570-066099)となります。

弁護士や司法書士に依頼をすれば開示請求からすべて代理人としてやってくれますが、依頼をしようかどうか迷っており、とりあえず開示請求をして過払い金の金額を計算したいという人は、先に取引履歴を取り寄せてみるのも良いです。

開示請求をしてから自宅に取引履歴が送られてくるまでの期間は、2週間~3週間程度が目安です。

引き直し計算を行う

取引履歴が送られてきたら、引き直し計算を行って、過払い金の金額と借金の残高を出します。引き直し計算を行っても借金が残ってしまう場合には、任意整理をすることになってデメリットが発生してしまうので、注意をしておきましょう。

過払い金の計算を個人で行う場合には、計算ミスに気をつけておきましょう。計算をミスして金額が少なくなってしまっても、金融機関側から指摘されることは基本的にありませんので、取り戻せる金額が少なくなってしまいます。

貸金業者に過払い金請求を行う

過払い金の金額が出せたら、貸金業者に対して過払い金請求を行います。請求方法は、郵送もしくは電話で行います。

貸金業者は経営状況があまり良くないという噂がありますので、個人で請求をした場合、かなり低い金額で和解を提案されることがあります。

ケースバイケースですが、個人で交渉をすると20%くらいの過払い金しか回収できないという意見もあります。交渉がうまく行かなかった場合には、弁護士や司法書士に依頼をすることも検討してみましょう。

裁判をする

貸金業者から100%の過払い金を回収するためには、裁判までやる気持ちが必要です。個人で裁判を起こすとなると、訴訟の提起から裁判所への出廷まで、すべて自分でやらなければならないので、時間と手間がかかり、知識も必要になります。負担がとても大きいので、弁護士に依頼をするのが一般的です。

裁判を起こしたからといって、判決までやらなければならないというものではありません。裁判を起こした後で和解交渉をすると、より有利な条件で和解ができる可能性があります。和解の提案が納得できるものであれば、和解をすることも検討してみましょう。

お金が振り込まれる

貸金業者へ過払い金請求をして、和解が成立するか、裁判で勝訴判決が出た場合、その後1ヶ月~2ヶ月程度でお金が振り込まれます。

貸金業者へ個人で請求をする場合の注意点としては、経営状況が良くないため、積極的に過払い金が返還される可能性は低いということです。裁判で勝訴をしても、控訴をされて、裁判が終結するまで1年以上かかることもあります。個人で請求をすることにこだわらず、メリットがありそうなら弁護士に依頼を出すことも考えておきましょう。

貸金業者に過払い金請求をするときの注意点

個人で貸金業者に過払い金請求をするときに気を付けなければいけない注意点があります。過払い金請求をするときに完済状態や、過払い金請求の返済額で完済になる場合は良いですが、もし返済額に残債が残ってしまうと信用情報に影響がでます。信用情報に影響がでると、他のクレジットカードが作れなくなったりするのです。そのため、過払い金請求を行うときに残債が残らないかをしっかりと確認するようにしましょう。

もし不安があるようでしたら、弁護士など専門家に任せることをおすすめします。注意点に気を付けて、自分で満足いく過払い金請求をしましょう。

貸金業者から取引履歴を開示請求する窓口

貸金業者に過払い金請求をする場合、取引履歴の開示請求を行う必要があります。電話窓口(0570-000417)に電話をかけ、利用当初からの取引履歴が欲しい旨を伝えます。簡単な本人確認後、自宅に送るか指定店舗で受け取るかの選択を求められますので、どちらかを指定します。なお、過払い金請求を専門家に依頼する場合は開示請求も代行してくれます。自身で過払い金請求するか、または引き直しをしたいという場合に開示請求をしましょう。

全国でできる過払い金請求

過払い金請求は、全国にある弁護士、司法書士事務所でできます。当サイトでは、過払い金請求で依頼するべき事務所を、すべての都道府県で紹介しています。

お住いの都道府県で過払い金請求を依頼するべき事務所はどこなのかご確認ください。

また、過払い金請求に強い事務所を知りたいかたは、過払い金請求のおすすめ事務所ランキング、口コミ・評判を確認してください。

北海道・東北 北海道岩手青森山形福島
関東 東京茨城群馬栃木埼玉神奈川山梨
中部・東海 静岡愛知三重長野岐阜
北陸 新潟富山石川福井
近畿 京都大阪滋賀奈良和歌山兵庫
中国・四国 鳥取岡山島根広島山口香川徳島香川高知
九州・沖縄 福岡大分佐賀長崎宮崎熊本鹿児島沖縄

貸金業者に過払い金請求をした体験談

  • 50代
  • 小売店勤務
  • 男性

50代後半の頃、職場の同僚だった人に頼まれて連帯保証人になってしまいました。1年もしないうちに、見たこともないような金額の借金を背負わされたことを知り、愕然として思考停止状態になっていました。毎月の返済が苦しいので、返せないときなどは貸金業者を利用して返済していましたが、徐々に習慣となってしまい、気がつけば利子を払うだけでも精一杯な状態に追い込まれてしまいました。

そんなときにテレビで弁護士の方が、消費者金融から借りた金額の利子に上限が付いて、払いすぎたぶんを返してもらえるような法律が出来たと解説しているのを目にしました。もしかしてと思い、すがるような気持ちで弁護士事務所に電話したら、まさにその「過払い金請求」に該当するケースだと言われ、勇気を持って依頼しました。幸いにも払いすぎた金額(合計にして100万円ほど)が戻ってきました。

それから数年たって、無事に借金も返し終わり、平穏無事な生活を手に入れ、子どもたちのことにも時間を使う余裕ができるようになりました。よく知らずに連帯保証人になった自分は馬鹿でしたが、過ぎたことは仕方がありません。似たようなケースの人はたくさんいると思いますが、その人達にもぜひ利用して欲しいです。

  • 50代
  • 会社員
  • 男性

生活費が足りないとき貸金業者からお金を借りていました。最初は10万円以内の少額ですぐに返せると思っていたのですが、頻繁に利用するようになって借入額が膨らみ毎月の返済に追われていました。私は法律の知識があまりなかったため、払う必要のない利息まで返済しているような状態でした。

そのようなときに広告で過払い金請求をすれば払い過ぎた利息分を取り戻すことができることを知りました。そこで専門家である弁護士の先生に相談してみることにしたところ、払い過ぎた利息があることが分かったため返還請求を依頼しました。いわゆるグレーソーン金利が廃止されて貸金業者の経営環境は事業再生ADRによる金融支援を受けるほど厳しいものになっていると聞いていたので。正直なところ過払い金が返還されるかどうか不安でした。

結論としては過払い金請求について詳しい専門家にお任せしたのは正解だったと思います。今では払い過ぎた利息分が返還されて多額の借金からも解放されたため、安心して日々の生活を送ることができます。自分で請求しても過払い金を取り戻すことはできると思いますが、この問題に詳しい専門家に任せることで確実な結果を出すことができると思います。

  • 法テラス
  • http://www.houterasu.or.jp/
  • >法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ
  • 50代
  • 飲食店経営
  • 男性

40代の頃から車の改造が趣味で、段々と車の改造に使うお金が増えていきました。そして働いて得る収入だけでは、足らなくなってしまったので、貸金業者にお金を借りてしまいました。最初は5万円程度の借金だったのですが、毎月一定の金額を借りるようになってしまい、徐々に返済が困難な状態に陥りました。それからは新たに借金をすることは控えて車も売って借金の返済を続けたのですが、一向に借金は減らないので本当に辛い思いをしていました。いくら返済をしても金利分を支払うだけで終わってしまい、なかなか借金自体を減らせない状態に悩んでいました。

8年ほど返済を続けても借金の総額があまり変わらないことに気づき、借金問題を専門に扱っている司法書士事務所に相談をさせてもらいました。すると親切に借金の状態をリサーチしてくれて、過払い金請求が可能かどうかを調べてくれました。結果的に多くの過払い金が発生していることが判明したので、すぐに過払い金請求の手続きに入ってもらいました。するとあっという間に100万円近い金額の過払い金が返ってきたので助かりました。ずっと借金のことで悩み続けていて、精神的に苦しかったので、借金問題から解放してもらえて本当に感謝しています。

  • 50代
  • サラリーマン
  • 男性

私は若い頃から大のギャンブル好きで、30歳を超えたぐらいからはボートレースにハマっています。仕事が飲食店経営でお店はスタッフに任せっきりのため、時間がある時には1日中場外レース場に入り浸っています。最初の内は勝ったり負けたりしながらも常識の範囲内で遊んでいたのですが、たまに熱くなった時に貸金業者で借金をしてまう日も出始めました。

簡単に借りれることは知っていましたし、自分の性格上一度借金をしてしまうと抜けられなくなるのでセーブしていたのですが、ついつい抑えが効かなくなってしまう日が増えて来ました。そして気が付いた時には借金の額は膨れ上がってしまい、毎月の収入だけでは返済が難しくなってしまっていました。

このままではスタッフの給料も支払えなくなってしまうと思い、実家に土下座をして借金の返済を肩代わりしてもらいました。両親にはかなり怒られましたが、何とか貸金業者からの借金は無くなり、スタッフの給料支払いにも影響が出ずに済みました。

貸金業者からの借金も肩代わりしてもらい少し気持ちが楽になったある日、テレビで過払い金請求のCMを観て、ひょっとしたら自分にも過払い金があるかもと思う瞬間がありました。とりあえずダメで元々と思い弁護士さんに相談してみると120万円の過払い金があることが判明し、すぐに取り返してもらいました。

  • 40代
  • 主婦
  • 女性

私は昔から会社帰りにお酒を飲みに行くのが癖で、毎月のお小遣いが足りない時には貸金業者でお金を借りてまで飲みに行っていました。貸金業者を利用する前は自分が借金をするなど夢にも思いませんでしたが、実際に借金をすること自体はかなり簡単にできてしまい、その手軽さからつい何度も借金を繰り返してしまいました。そしていつでも返せると思いながらもズルズルと返済が遅れてしまい、さらにまたお金が足りなくなったら借金をするという日々が続いてしまいました。

私の借金については同僚たちも知っていたのですが、ある日あまりにも私の借金が無くならないので弁護士に相談するよう勧められました。私自身は毎月いくらかは返済していたので、ちゃんと確認をすることもなくいずれなくなるだろうと安易に考えていましたが、弁護士の方に調べてもらった結果、過払い金請求をすることで過払い金のみで残りの借金が完済できることが判明しました。

この時は自分に過払い金があった事実に驚きましたが、それにしてもいい加減な自分の性格ひほとほと呆れてしまいもしました。何はともあれ借金返済に追われる日々からは解放されて、会社の同僚と弁護士の方には本当に感謝しています。

  • 50代
  • バイト
  • 男性

夫がリストラに遭い、幼い子供もいた為、生活費に困るようになりました。私自身もパートの仕事で足りない分を補てんしようとしたのですが、子供の預け先の問題で長時間仕事をする事はできません。夫も様々なアルバイトを行うなど努力はしてくれたのですが、それでも足りず、とうとう生活費を貸金業者から借りるようになりました。

初めは借りる事に罪悪感があり、少額を借りては返すという事を繰り返していたのですが、そのうちお金を借りるという事に対して感覚が麻痺するようになり、借金の金額が大きく膨らみ、自分たちの経済状況では返済が困難な金額になってしまいました。困り果てて過払い金の無料相談会に出向き、弁護士の先生に出会い、過払い金がある事を説明され、過払い金請求を行う事に。予想だにしなかった金額が返還され、それで借金が帳消しとなり借金の無い生活を始める事が出来ました。あの時相談して本当に良かったです。やはり専門家に相談すると、分からない事も丁寧に説明してもらえますし、何より短期間で解決できるので本当に助かります。相談する事は決して無意味ではないので、借金の事で悩んでいる人には、是非勇気をもって行動をして欲しいと思います。

  • 50代
  • 会社員
  • 男性

私は、過去に貸金業者からお金を借りたことがありました。当時はまだ若かったので、特にお金の使い方もわからず、むやみにお金を借りてたのを覚えています。借りたお金はすべて返済しましたが、テレビコマーシャルを見るとどうやら私には過払い金があるらしいと言うことでした。

具体的にどれくらいあるかわかりませんが、自分なりに調べた結論は確実に過払金請求ができると言うことでした。ある日、法律事務所に相談をしてみたところ、どうやら過払い金請求をすることができるのは間違いないと言うことでした。具体的な金額については今までの履歴の開示を請求しないとわからないと言うことでしたので、弁護士さんにお願いをしました。

それから3ヶ月近くが経過した頃、法律事務所から電話があり、過払い金の金額が確定したと言うことでした。意外にも請求できるお金は多く、70万円返還請求できるということです。ですが、法律事務所で話を聞いたところ全額請求しても全額戻ってくるかと言えばそんな事はないと言うことでした。和解をすれば6割から7割、裁判をすれば8割から9割は戻ってくると言うことだったのです。裁判は時間がかかってしまうと言うことでしたので、私は和解をして45万円取り戻すことができました。

  • 40代
  • 会社員
  • 女性

連帯保証人をお願いしてきた友人が失踪し、その借金を背負うという皮肉な結果となりました。もちろん家族には内緒で行った事なので、今更打ち明ける勇気もありません。手持ちの現金ではどうにもならず、借金返済のために貸金業者からお金を借りるようになりました。返しても返しても減らない借金に苦しみ、家族にも打ちあけられない辛さから、病気にもなりました。何とか会社勤めは続けていましたが、このままでは自分の体が壊れてしまうと思い、まずは問題の借金を何とかしようと弁護士に相談する事にしたのが、過払い金請求のきっかけです。

まさか自分にも過払い金があるなどとは思ってもいませんでしたから、引き直し計算の結果出された過払い金の金額を知り、本当に驚くばかり。しかも弁護士の先生のお力で、それらが返還されたときは、恥ずかしながら泣いてしまいました。自分一人ではどうにも出来なかった問題が、弁護士の先生を通す事で驚きの結果を目の当たりにし、ただただ感謝するばかりです。相談する事から解決の一歩が踏み出せますから、悩んでいる人には相談する事を勧めます。弁護士の先生は家族にも内密にしたままでこうした手続き全てを行ってくれましたので、いまだに家族は私の借金の事をしりません。

  • 40代
  • 自営業
  • 男性

ストレスの多い会社で、それを発散させるため、友人に連れられてパチンコをするようになったのが借金のきっかけです。初めは金額を決めて楽しんでいたのですが、ある時にそれが大当たり。その金額が何倍にもなる美味しさを体験してしまい、それが忘れられなくなってしまいました。負けがこんでも、次こそは挽回できると信じ込み、次々とお金をつぎ込むように。最後には生活に必要なお金までパチンコに使うようになり、生活費の不足を貸金業者からの借金で賄い生活をするようになりました。お金を借りる事を覚えると、生活費だけではなく、パチンコの資金としても借りるようになり、借金の総額はあっという間に数百万。返すあてのない借金を繰り返し、自己破産一歩寸前になって弁護士に相談しました。

自己破産しか道は残されていないと思っていたのですが、引き直し計算の結果、過払い金が百万単位である事が判明。過払い金請求でそれらを取り戻し、借金が減額されました。もっと早く相談していれば、借金の事で悩む時間はこれほど長くはならなかったでしょう。一人で悩まず、早めに専門家へ相談する事が一番良いと経験から学びました。やはり専門家の力は凄いです。もう借金で悩みたくないので、パチンコときっぱり決別しました。

  • 40代
  • 建設業
  • 男性

自営業の経営が思わしくなく、銀行からの融資も断られてしまいました。しかし目前の倒産を防ぐにはどうしても現金が必要だった為、手軽に借りる事の出来る貸金業者から資金を調達する事に。銀行のように審査基準が厳しくなく簡単に借りる事ができますから、必要な資金は貸金業者からの借金で賄うようになりました。それでも事業の業績は上向かず、借金だけが膨らむという悪循環。気が付いた頃には借金は数百万に上り、一時は自殺も考えたほどです。

そんな時に近くのイベントスペースで弁護士主催の相談会が無料で行われる事を知り、藁にも縋る思いで思い切って相談をしてみました。その結果私の借金には過払い金がある事が分かり、過払い金請求でそれを取り戻せれば借金を減らせる事が分かったのです。弁護士の先生のお蔭で過払い金を取り戻し、何とか持ちこたえる事が出来ました。行動を起こすには勇気が必要でしたが、決してそれは無駄にはなりません。過払い金の事はテレビなどで知っていましたが、まさか自分にも関係があるとはこれっぽっちも思っていませんでした。しかし専門家に相談する事で、自分が知らなかった事実について知る事ができ、本当に良かったです。行動を起こす事で、結果が好転します。

感謝の口コミが多くて過払い金請求・借金問題に強い法律事務所ランキング

司法書士法人杉山事務所
過払い金の着手金が0円!

杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO.1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金があるかわかるメール相談のみの利用もOK!

フリーダイヤル 0120-066-018
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金の着手金:0円
相談実績:3000件/月
家族にバレない匿名診断
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

みどり法務事務所
相談は何度でも無料

司法書士法人みどり法務事務所

東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

フリーダイヤル 0120-837-032
お問い合わせ メールでのご相談はこちら
特徴 過払い金返還実績:90億円
相談実績:月500件
相談料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

借金減額診断!
リスクなしで借金を減らせるか診断

減額診断

司法書士法人みつ葉グループが運営する国が認めた借金減額方法!年中無休365日、家族にばれずに診断可能!借金問題解決のプロが親身に対応。

借金減額診断 診断はこちら
特徴 診断料:0円
女性相談員対応可能
24時間受付対応
診断料 0円
対応エリア 全国対応

公式サイトへ

関連記事